ecoライフと自然〜グリーンとソーラー〜

2011年07月19日

塗る太陽電池で発電効率10%超える

三菱化学が発表しました。

塗料タイプのソーラーパネルとなる『塗る太陽電池』の太陽電池の変換効率が10%を超えることに成功したそうです。

量産は2013年春頃に予定していると。
炭素化合物を使用して、光合成のように起電する仕組み。
厚さも1mm程度で、重量も結晶シリコン系パネルの10分の1だそうです。


推測ですが、シリコンを使用しない点からも、素材コストは安くなる可能性がありますね。

先日も北陸先端大学の塗料型のソーラーパネルを記事にしました。
恐らく、三菱化学の塗料タイプのほうが、発電効率は高いと思われます。

塗料タイプの太陽電池の実用度が高まれば、応用できる範囲が広がり、様々な建物がソーラービルに生まれ変わる可能性がありますね!

今後も要、注目です♪







太陽光発電(太陽電池/ソーラーパネル)特集
posted by Mrグリーン at 20:13| Comment(0) | TrackBack(3) | エコなニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

マイクログリッドの実証実験 ソニーと沖縄県

ソニーと沖縄県が、マイクログリッド(分散型小規模エネルギー網)の実証実験を行うとのこと。

2012年9月オープンの沖縄科学技術大学院大学へソニー製リチウムイオン電池太陽光発電、風力発電を組み合わせたエネルギーシステムを構築しました。

1年間のデータを分析後、大学関係者用の居住施設に生かす予定。

自然エネルギーのみでのスマートグリッド実証実験としては珍しいため、注目するニュースです。






太陽光発電(太陽電池/ソーラーパネル)特集
posted by Mrグリーン at 23:55| Comment(0) | TrackBack(9) | エコなニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。